HOME > ニュース > 新製品発表 > マースエンジニアリングが新製品を発表

マースエンジニアリングが新製品を発表

2011年09月06日

マースエンジニアリングは9月2日の東京本社を皮切りに、全国の3都市で2011新製品発表展示会を開催した。

ホールコンピュータ、景品管理、会員管理の3つのシステムを融合させた「総合管理システム」をリリースし、会員以外の顧客動向データも活用することで、自店の状況をより正確に把握し、機種戦略、セキュリティ、より深い会員管理や景品管理など、多方面からの営業戦略立案に活用できる「PL指標」を打ち出すなどした。

また、真贋機能付きのメダル計数機「m2200」では、9月1日付けで子会社化した東研の小型カメラを搭載。マース独自に開発したアルゴリズムで他店メダルを返却口に戻す機能を搭載した。さらにパーソナルシリーズの新しいラインナップとして、紙幣搬送不要のストックビルバリ(SB)タイプを発表。また、台間メダル貸機の各台計数仕様も参考出品した。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言