HOME > ニュース >  企 業  > ダイコク電機が「DK-SIS白書2015」 業界総粗利は3.32兆円

ダイコク電機が「DK-SIS白書2015」 業界総粗利は3.32兆円

2016年07月14日


ダイコク電機が「DK-SIS白書2015」を発刊し、7月13日に都内で記者発表会を開催した。白書では昨年のDK-SISデータをまとめたほか、データから市場規模をはじめ、業界全体の動向を推測している。

記者発表会には根本弘常務取締役とDK-SIS室の山岸義幸室長が出席。冒頭で挨拶した根本常務は厳しい業況に触れながら「売上は客数・客単価・遊技頻度の3要素で構成されている。客数と頻度を上げ、単価を下げるのが理想なのだが、現状は真逆になっている」とした上で遊技者目線の重要性を指摘。「白書はファンの遊技結果であり、真摯に受け止めなければならない。我々も含めて白書をファンの声と認識して業界の活性化のため役立ていきたい」と語った。

続けて山岸室長が白書の概要を解説。DK-SISデータにおける昨年の台あたり業績が、遊技時間・売上・台粗利など全ての項目で前年比減となる厳しい結果が示された。SISデータを元に推測値を算出し、同社が市場規模を図る上で最重要視している業界総粗利は前年比0.18兆円減となる3.32兆円となった。業界総粗利はパチスロが完全5号機市場となった06年から前年比減が続いており、この10年間で約1.2兆円の粗利を失ったことになる。

業界総粗利から遊技機購入費を差し引いた遊技機利益規模は同0.17兆円減の2.26兆円。遊技機販売台数が減少したものの、単価が上昇したことで遊技機購入費用が前年とほぼ同規模となり、粗利の減少がそのまま遊技機利益の減少に繋がっている。

厳しいデータが並ぶなかでも一際目立ったのがパチンコ業績のさらなる悪化。DK-SISにおける、低価貸しを含む全台の平均稼動は2万個を割り込み、売上は2万円割れ、台粗利も3000円割れとなったことを受けて、山岸室長は「パチンコは全ての業績が一段階下がった」と指摘した。15年のパチンコ総粗利は何とか2兆円台を維持しているが、「4円パチンコの台数減少」「4円の台粗利が07年以来の4000円割れ」「回収・撤去問題によるマックス比率の減少」などを踏まえ、山岸室長は「16年のパチンコ総粗利2兆円割れは確実」としている。

一方のパチスロも稼動、売上、台粗利がいずれも前年比減となったが、パチンコとの相対的な比較からシェアは微増した。ただ、山岸室長は「下げ止まりの気配はあるが、少し前に登場した射幸性の高い機種が市場を牽引しており、内情はいびつな形になっている」とした。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言