HOME > ニュース > その他 > 幕張メッセで「東京ゲームショウ2016」開催

幕張メッセで「東京ゲームショウ2016」開催

2016年09月21日


国内外のゲーム及びコンピュータエンターテインメントが一堂に揃う「東京ゲームショウ2016」が、9月15日から18日まで千葉市の幕張メッセで開催された。26回目となる今回は、過去最多の37の国と地域から614の企業と団体が参加し、パチンコやパチスロに採用されたコンテンツの最新作も多数発表された。

場内で最大規模のブースを設けたセガは、 年末にリリースされる予定のPlayStation4用ソフト「龍が如く6 命の詩。」をはじめ、グループの傘下となったアトラスの「ペルソナ5」などを展示して来場者の注目を集めた。カプコンは、看板ソフト「バイオハザード」の最新作をはじめ、シリーズ初のRPGとなる「モンスターハンターストーリーズ」を発表。大量の試遊台を用意して多くの来場者が詰めかけた。

また、今回のゲームショーでは、近年注目を集めているVR(バーチャルリアリティ)ゲームやデバイスを手掛ける企業も多数参加。メガネ型のディスプレイシステムやスマートフォンを利用した簡易HMDなど、ゲームの表現に新たな可能性を広げる最新技術も紹介された。

ビジネスデイと一般公開日を合わせた会期中の総来場者数は、過去最多の27万1224人を記録した。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言