HOME > ニュース > 組合・団体 > 都遊協が普通救命講習を開催

都遊協が普通救命講習を開催

2016年12月26日


東京都遊協は12月21日、都内市ケ谷の遊技会館で普通救命講習を開催した。昨年に引き続き開催したもので、組合員ホールから32名が参加。約3時間に渡って救急蘇生法や簡易応急手当の技能を学んだ。

主催者を代表して挨拶に立った都遊協の安藤薫専務理事は、「年末年始を控えて多くのお客さまが来店される中には、高齢者の方も多いことと思う。万が一に備えて、各ホールの現場がすぐに対応できるようにするための有意義な講習になると思う。ここで知識と技術をしっかりと学び、安心して遊べる優しいホール作りに役立てていただければ」と述べるなどした。

講習では、東京防災救急協会から招いた2名の指導員が我が国における救急活動の現状を説明。その後、参加者は指導員の指示にしたがい、胸骨圧迫や人工呼吸などの心肺蘇生やAED(自動体外式除細動器)の使用方法といった救急蘇生法、さらには止血法や異物除去などの簡易応急手当ての知識と技能について学んだ。

参加者には後日、東京消防庁から救命技能認定証が送られることになっている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言