HOME > ニュース > 組合・団体 > 全日遊連組合員数調査 1万軒の大台割れ

全日遊連組合員数調査 1万軒の大台割れ

2017年01月10日

全日遊連がまとめる各都府県方面遊協の組合員数調査によると、昨年11月末における全国の営業店舗数は前の月から28店舗減って9993店舗となり、1万店の大台を割り込んだ。月内の新規店は8店舗で、一方の廃業店は37店に上った。

遊技機台数は不振が続くパチンコ機が今回も7992台減で257万292台になった一方、増加基調の回胴式は904台増で152万5852台になった。その他を含めた総台数は7088台減で409万6247台。

全日遊連による組合加盟店舗の実態調査は、いわゆる5号機ショックに見舞われた平成19年から現行スタイルで行われているが、先行して調べられていた18年12月期の営業店舗数は1万3732店で、ちょうど10年間で3739店舗、率にして27%もの減少となった。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言