HOME > ニュース > 組合・団体 > 日工組と日電協が楽曲上映の使用料でJASRACと合意

日工組と日電協が楽曲上映の使用料でJASRACと合意

2017年01月11日

日工組、日電協及びコンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は昨年12月1日、遊技機に搭載された楽曲がホールで流れることに対する使用料について日本音楽著作権協会(JASRAC)と合意した。今年1月1日よりJASRACによる管理が開始されている。

使用料は遊技機1台につき、楽曲あたり80円。メーカー側がJASRACに申請し支払いを行う。ただし、3年間は経過措置を設けており、2017年は1曲あたり50円、2018年は同60円、2019年は70円とされた。

遊技機に搭載される楽曲については、メーカーが著作権者と合意した使用料を支払っているが、JASRACはホールに設置された遊技機から楽曲が流れることが上映・演奏等にあたるとして、業界側に使用料の支払いを含めた環境整備を求めていた。利用主体はホールとなるが、管理が容易でないことなどから全日遊連はメーカー側での対応を要請。これを受けた日工組と日電協がJASRACとの協議を進めていた。

日工組と日電協とあわせてJASRACと合意したACCSはコンピュータソフトウェア、コンテンツなどの著作権者で構成する業界団体で、デジタルコンテンツの権利保護や啓蒙活動などを行っている。複数の遊技機メーカーが会員となっていることから協議に関わったという。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




サイト内検索


Kaidou Movie Channel



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言