HOME > ニュース > セミナー勉強会 > 全遊振例会、特別講師に斉木しげるさん

全遊振例会、特別講師に斉木しげるさん

2017年01月20日


全国遊技ビジネス振興会は1月19日、都内上野のホテルパークサイドで今年最初のセミナーを開催し、特別講師として俳優でタレントの斉木しげるさんを招へいした。

パチンコのテレビ番組などで長年MCを務めた経験もある斉木さんは、50年来にわたるパチンコ歴を誇るファンの視点から見た、今の業界に対する思いを披露した。

このうち斉木さんは、これまでのパチンコとの関わりなどを振り返りながら、「この50年近く、10日と空けずにパチンコで遊んできたが、実は最近あまり遊ぶ気にならなくなってきている。50年やってきてはじめてのこと」と打ち明け、その理由の一つとして、スタートが回らなくなってきていることを挙げた。

「回らないのでパチンコから離れていく。これは私だけでなく、すごく当たり前のこと」とし、その対策として損益分岐の引き上げ、いわゆる業界等価からの脱却を要望。その分、スタート回数や、当り回数を増やす営業形態にシフトすることを提案した。

「これをカンフル剤にして、ギャンブル性というよりも、パチンコそのものを面白くするという意識が必要なのではないだろうか。パチンコは日本の文化であり、そういう観点を業界関係者が共有することも大切だと思う」と訴えた。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言