HOME > ニュース > セミナー勉強会 > エンビズが遊技機メーカーの取り組むべき課題と解決策を解説

エンビズが遊技機メーカーの取り組むべき課題と解決策を解説

2017年03月31日


エンタテインメントビジネス総合研究所は3月28日、都内秋葉原で遊技機メーカーの企画開発やマーケティング担当者を対象にしたセミナーを開催した。セミナーではマーケティングプロデューサーの永井優志氏が、先に発表した「パチンコ・パチスロプレイヤー調査2017」を元に、ユーザーの遊技動向や遊技機開発に必要な考え方などを解説した。

プレイヤー調査では、遊技人口が前回の980万人から1018万人と微増傾向がみられたが、内訳をみるとパチンコもしくはパチスロのみを遊技する層が減少し、両方を遊技する層が増加している。これを受けて永井氏は、「現状のユーザーはどっちつかずで迷いが見られる。特定機種のファンが減少しているともいえるが、その原因は新台の魅力が低下していることが大きい」と指摘した。遊技目的を調べた調査では、レジャーから実利を求める層が増加している点や大当り一回分の出玉に対するこだわり、継続率に対する関心が高いというデータを挙げ、ユーザーの「負けたくない」という意識が大きく反映されていると述べた。

また、新たな調査項目としてユーザーの性格や行動などから割り出した因子分析とそれらをグルーピングした「7つのプレイヤーモデル」を解説。タイプ別の嗜好やライフスタイルなどを知ることで、好まれるスペックや遊び方の傾向がつかめるようになると語った。さらに永井氏は、プレイヤーの特性に合った企画開発や提案を行うには、より具体的な消費者像を設定する必要があるとして、近年マーケティングの分野で注目されている「ペルソナマーケティング」の事例を紹介。ターゲットとなる顧客の人物像を事前に設定したうえで消費動向や共感ポイントを探ることで戦略の方向性が定まりやすくなるというもので、遊技機開発においてもこうした手法を取り入れることで製品の完成度を高めることができると語った。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言