HOME > ニュース > メーカー > セガサミーグループの本社機能が来秋品川区に移転

セガサミーグループの本社機能が来秋品川区に移転

2017年03月31日


セガサミーホールディングスは3月31日、同社および各グループ会社の本社機能を集約し、2018年秋に、JR大崎駅の南エリアで開発が進行している「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業」のビジネス棟に入居することを発表した。

首都圏に点在する各グループ会社の本社機能を集約することで、効率的なグループ経営を図るとともに、事業間連携やシナジー効果の創出、人材交流の活性化を促進していくという。

移転予定会社は、セガサミーホールディングス、サミー、セガホールディングス、セガゲームス、アトラス、サミーネットワークス、ダーツライブほか。利用予定規模は8フロアで、事務所専有面積は約4万3,891平方メートルとなっている。

移転先となる再開発事業地は、JR大崎駅から徒歩6分。建物は地上24階、地下2階で、供用開始は2018年1月が予定されている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言