HOME > ニュース > メーカー > 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」が開業

韓国初のIR施設「パラダイスシティ」が開業

2017年04月21日


セガサミーホールディングスは4月20日、韓国・パラダイスグループとの共同プロジェクトとして2012年から仁川で開発を進めてきた統合型リゾート(IR)「パラダイスシティ」の正式オープンに伴う開業式を現地で開催した。

開業式には、セガサミーの里見治CEO、里見治紀COOをはじめ、大韓民国仁川広域市の劉正福(ユ・ジョンボク)市長、仁川国際空港公社の鄭日永(チョン・イルヨン)社長、パラダイスグループの田必立(チョン・ピルリップ)会長など、世界各国の来賓、関係者ら約480人が出席し、施設の開業を祝した。

挨拶した里見治CEOは、「パラダイスシティは自信をもって誇れる施設に仕上がっている。施設内には、名立たるアーティストたちの作品群が、パラダイスシティに彩りと調和をもたらしてくれている。世界中の皆様に、この類まれなる上質なエンタテインメント空間をご堪能いただきたいと思う」とピーアールした。

施設は、アジア最大規模のハブ空港である仁川国際空港から車で3分という立地。33万平方メートルという広大な敷地内に、ビジネス、プライベートなどあらゆるシーンに対応できる施設機能を有しているという。

開業時には、711の客室と、レストラン、エンタテインメントホール、プール、スパ&サウナ、コンベンションホールなどに加え、カジノフロアもオープン。カジノフロアには、テーブルゲーム158台、スロットマシーン291台、エレクトロニックテーブルゲーム(4台62席)が用意されている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言