HOME > ニュース > その他 > 第1回目の「安心パチンコ・パチスロアドバイザー」講習会を開催

第1回目の「安心パチンコ・パチスロアドバイザー」講習会を開催

2017年04月28日


パチンコ・パチスロ産業21世紀会は4月24日、都内で「安心パチンコ・パチスロアドバイザー」講習会を開催した。

講習会は、遊技客に対して依存問題への適切な案内ができるホール担当者を育成し、各店舗に配置していくためのもので、業界における依存問題への対応で警察庁からあった要請のうち、全日遊連が中心となって取り組むことになっていたもの。当面、全国6カ所で開催することが決まっており、当日はその第1回目の講習会となった。会場となった都内新橋のヤクルトホールには、都遊協の組合員ホールを中心に、全日遊連関係者ら約500名が参加し、講習会終了後には21世紀会名で参加者に修了証が手渡された。

講習会の冒頭では、21世紀会の代表を務める全日遊連の阿部恭久理事長が、遊技業界が依存問題への取組み強化を行う背景と経緯、さらには今後の強化策などを説明。IR開設に向けて政府がまとめた論点整理の内容を示すとともに、その対応策の一環として設置されるアドバイザーの位置付けを述べ、出席者の理解を促した。

続いてリカバリーサポート・ネットワークの西村直之代表が、アドバイザーが認識しておくべき依存問題の基礎知識などを解説。西村代表はこの中で、パチンコが持ついい面を例示する一方で、「残念ながら程度が過ぎると悪い面も出てくるが、これは商業娯楽が持つ宿命的なものであり、良い悪いの問題ではない。楽しいものは人がのめり込むようにできており、ただしこれが度を越して習慣化すると問題が生じてくる。こういう問題をどうやってコントロールしていくかが課題で、これを今までは大事にしていなかった」と述べ、依存問題への対応の重要性を強調した。その後、西村代表はパチンコ依存の予防と対策について講演し、「安心パチンコ・パチスロアドバイザー」は問題のある遊び方に「気づくきっかけ」を提供するものだとした。

さらに、アドバイザーの基本的な役割と心構えをホール企業サンキョーの栗山昌人氏が述べた後、栗山氏と西村代表で遊技客からの相談に対する実際の対応例が示された。最後に西村代表は「重要なのはきっかけ作り。ここまでのレベルで依存問題に着手しているのは日本では遊技業界のみであり、業界の皆さんがこれを共有し、きちんと行うことで、世界標準の対応をしていることが評価されるようになる」と述べ、制度の意義を強調した。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言