HOME > ニュース > 組合・団体 > 高尾からHOTDがパチンコで登場

高尾からHOTDがパチンコで登場

2017年07月07日


高尾は7月7日、都内東上野の東京支店フェニックスクラブでパチンコ機の新機種「CR学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド」のプレス説明会を開催した。

テレビアニメ化もされた同名人気マンガをモチーフとした新機種は、原作の代名詞でもある「濡れるッ!」をコンセプトに多彩なセクシー演出を展開。期待度とリンクした液晶描写や可動ギミックで表現されている。

スペックは2種類をラインナップ。大当り確率1/319.6、確変突入率63.9%(時短含む)、大当り出玉450〜900個となる「同319Ver.」と、大当り確率1/217.7、確変突入率69.1%(同)、大当り出玉300〜600個となる「同217Ver.」が用意されている。

両タイプとも、RUSHに8回のリミッタが設けられているが、その分確変継続率は「同319Ver.」が92.5%、「同217Ver.」が90.9%と、大当りの連チャン性を堪能しやすい仕様となっている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言