HOME > ニュース > 組合・団体 > 「安心パチンコ・パチスロアドバイザー」 4会場で2552人に修了証

「安心パチンコ・パチスロアドバイザー」 4会場で2552人に修了証

2017年07月20日


全日遊連は7月19日、都内新橋の第一ホテル東京で全国理事会を開催し、遊技客に対して依存問題への適切な案内ができるホール担当者を育成する「安心パチンコ・パチスロアドバイザー」講習会の実施報告を行った。

講習会は、4月24日の東京講習会を皮切りに理事会当日までに4回開催。講習会出席者に手渡される修了証は2552人に発行され、職種別でみると店長及びマネージャーが64%でもっとも多く、以下、ホール従業員22%、ホール経営者5%、企業の本部社員が2%だった。

受講者アンケートでは、4つの講義内容全てで「よく理解できた」「ある程度理解できた」が合わせて95%を超えた。一方で、参加者から寄せられた意見では、「アドバイザーの判断で声掛けしにくい、トラブルに巻き込まれるのではないか心配」「現場で実際に運用してみないとわからないところがある」といった、実際の運用に不安を抱く声のほか、「定期的に講習会を開催してほしい」「質疑応答の時間を設けて欲しい」「復習したいので講習会の映像のDVDを配布してほしい」など、より深く理解することに前向きな意見が寄せられた。

講習会は今後、7月26日の南関東地区講習会、8月9日の中部地区講習会が予定されている。さらにその後は、映像などを用いて県単位で行う予定になっている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言