HOME > ニュース > 事件・事故 > 静岡のホール駐車場で1歳男児が死亡

静岡のホール駐車場で1歳男児が死亡

2017年07月26日

静岡県警湖西署は25日、静岡県湖西市内のパチンコ店駐車場で乗用車内に1歳の長男を放置し熱中症で死なせたとして、父親の会社員を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕した。

新聞各社が伝えたところによると、父親は7月8日午前11時から午後1時ごろにかけて、パチンコ店駐車場に停めた乗用車に男児を放置したままパチンコをしていた。父親は、パチンコから戻った際に車内でぐったりしている男児を発見したが、そのまま帰宅。同居する妻が妻が119番通報したが、男児は搬送先の病院で死亡が確認された。父親は妻に「ドライブに行く」と伝えていたという。

今年5月には、山口県防府市のホールの駐車場において、ワンボックスカーに放置された生後2か月の乳児が熱中症のため死亡する事件が発生、乳児を放置した母親が保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言