HOME > ニュース >  ホール  > プローバが広島の3店舗を事業承継

プローバが広島の3店舗を事業承継

2017年09月06日


広島を中心に中国地方で店舗を展開するプローバグループは、広島県廿日市市を拠点とする企業から吸収分割によるパチンコホール3店舗を事業承継した。

店舗は屋号変更を行い、9月2日から新たに廿日市市住吉の「プローバ廿日市木材港店」、広島市佐伯区八幡の「プローバ八幡店」、広島市佐伯区五日市町の「プローバ石内店」として営業を行っている。

プローバグループでは、2015年9月に島根県内の企業から4店舗を事業承継したのを皮切りに、同年12月には山口県宇部市に新規店「プローバ宇部店」をオープン。さらに、2016年12月には島根県内の別の法人からも2店舗を事業承継するなど、出店攻勢を強めている。今回加わった3店舗を含むグループの運営店舗は23店舗となった。

同社では、「これまで培ってきたノウハウを融合させる事で、より一層、付加価値の高い新たなサービスが提供できるよう、グループ一丸となって取り組んでいく」という。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言