HOME > ニュース > メーカー > ユニバーサル、ロイターの報道を否定

ユニバーサル、ロイターの報道を否定

2017年09月21日

ユニバーサルエンターテインメントは9月15日、ロイターが報じた同社元取締役会長の岡田和生氏が、同社の親会社である「Okada Holdings Limited」(=OHL)の代表や取締役に復帰したことなどを否定する声明を発表した。

岡田和生氏の会見を受けたロイターは、同氏がOHLの代表に復帰し、ユニバーサル社に対し臨時株主総会の招集請求を行ったと報道。それに対し、ユニバーサル社がOHLの取締役と認識している高田誠氏および石田敦信氏に対して照会したところ、岡田和生氏が適法にOHLの過半数の議決権を獲得、保持している事実はないとした。さらに、現段階で法的に有効な臨時株主総会の招集請求を受けた事実がないことも明らかにしている。

同社では、「特別調査委員会から平成29年8月29日に提出された、調査結果を厳粛に受け止め、当該調査結果および同委員会から提言された再発防止策をふまえ、今後、具体的な再発防止策を策定のうえ、実行していく」としている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言