HOME > ニュース > 組合・団体 > 同友会 定例会見で各種取り組み状況などを報告

同友会 定例会見で各種取り組み状況などを報告

2017年09月27日


同友会は9月20日、都内台東区のオーラムで、定例理事会終了後の記者会見を開催し、各種討議内容の報告を行った。この日の議題は南三陸特産品の商品提供および「福興市」の取り組み状況や、8月に実施した札幌での夏期合宿についてなど5項目で、事務局報告の後、東野昌一代表理事と金光淳用副代表理事が記者団の質疑に応答した。

このなかで同友会が東日本大震災の復興支援活動として取り組んでいる南三陸特産品の景品提供については、この日まで会員ホール26社、80店舗において、取り扱い総額が380万円を超過するなど、当初の予想を上回るペースで推移している状況が説明された。関連して7月と8月に行った「福興市」については、「志津川湾夏まつり」と「志津川湾かがり火まつり」へ、会員企業から36名のボランティア隊を派遣。こちらも400名以上の来場者が足を運ぶなど成功裡に終わったと報告された。また、毎年恒例となっている夏期合宿では、札幌市のストアコンパリゾンにおよそ50名の会員が参加し、翌日のセミナーには70名の会員が受講したと報告。セミナーではスピードスケートのオリンピックメダリスト・清水宏保氏が講師を務めたほか、賛助会員であるオリックスリースの担当者が、規則改正後の来年度以降の業況を踏まえた金融戦略を解説するなどした。

なお、記者会見の質疑応答で規則改正施行に伴う経過措置について聞かれた東野代表理事は「行政から発表された決定事項にどう対応していくかになると思うが、対応するのは業界6団体。同友会から何かを発信することはできない」と述べるに留めた。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言