HOME > ニュース >  ホール  > アンダーツリーGがグループ再編

アンダーツリーGがグループ再編

2017年10月02日

遊技場経営大手のアンダーツリーグループは、関連法人である㈱タウンライトが、同じく傘下企業のレッドウッド㈱と㈱キコーナロードを10月1日に吸収合併すると発表した。

レッドウッドは昨年、兵庫の神友商事が経営するホール6店舗を吸収分割方式で事業承継し、キコーナロードは、神奈川の藤光から今年2月に事業継承した「ジリオン」など8店舗を経営している。今回のグループ再編によって、同グループの傘下企業は中核法人であるアンダーツリー㈱、タウンライト、㈱アンダーツリー東京の3社構成となった。

アンダーツリーは近畿、関東で「キコーナ」などの店名で多店舗化を展開。2017年9月末現在のグループ全社の保有店舗数は123店舗となっている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言