HOME > ニュース >  ホール  > アサヒディードが「パワハラ予防研修会」を実施

アサヒディードが「パワハラ予防研修会」を実施

2017年10月02日


大阪府のホール企業・アサヒディードが6月から8月まで3回にわたって部長や店舗・本部のマネージャーなど管理者を対象にした「パワーハラスメント予防研修」を社内で行った。同社の男性社員26名が参加した今回のパワハラ予防研修会は、パワーハラスメントをなくし、働きがいのある会社、活き活きした職場を構築したいとの想いから実施した。

当日の研修会では、マネジメントスキルとコミュニケーションスキルなど管理職としての心得を学んだほか、㈱FCEトレーニングカンパニーの荻野純子取締役を講師に迎え、職務上の地位など、職場内での優位性を背景に、部下や同僚に精神的、身体的苦痛を与えないためのアドバイスを受けるなどした。合計3度の研修会を終えた参加者からは「これまで相手のことを分かったつもりのコミュニケーションだったところを、真に理解して今後も正しい関係構築を目指したい」「自分は褒めることが苦手ですが、これからは褒めるスキルを意識して『良い行動を習慣化』していきたい」との感想が寄せられた。

アサヒディードでは「今回のパワーハラスメント予防研修会を通じて、これまで以上に良好な社員同士の関係、職場環境を築いていきたい」とコメントしている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言