HOME > ニュース > 展示発表会 > 三洋、大海4と同時に8代目ミスマリンちゃんをお披露目

三洋、大海4と同時に8代目ミスマリンちゃんをお披露目

2017年10月20日


三洋物産と三洋販売は10月20日、都内日本橋の三洋グループビルで、パチンコ機「CR大海物語4」の新機種発表および8代目ミスマリンちゃんのお披露目会を開催した。

今回、8代目ミスマリンちゃんに選ばれたのは、チェルシーリナさん、鈴川亜美さん、宮沢セイラさんの3人。「パチンコ打つなら海物語と思ってもらうきっかけになれれば」(チェルシーリナさん・写真左)、「ミスマリンちゃんを通してパチンコをもっと好きになって欲しい」(鈴川さん・写真中)、「私を見たら海物語を思い出してもらえるようになりたい」(宮沢さん・写真右)と、それぞれが今後の活動についての意気込みを語るなどした。

一方、そのミスマリンちゃんの3人が液晶演出でデビューする新機種の基本的なスペックは、大海らしさを継承したシンプルなミドルスペックだ。お馴染みの分かりやすいゲーム性で幅広いユーザーに訴求する仕様となっている。大当り確率は約1/319.6(高確率約1/36.4)、確変割合55%というループタイプ。出玉は、9%の振り分けがある2R確変を除き、1,512個または1,890個で、通常大当りでは100回の時短が付随する。

演出面では、新ステージ「クリスタル」が搭載されているほか、新たなデバイスとして、役モノ、サウンド、液晶などがふるえる「ビッグバイブ」を採用。打ち手が直感的に楽しめる演出が盛り込まれている点もみどころの一つだ。

冒頭に挨拶した三洋物産代表取締役専務の盧昇氏(下写真・右から2人目)は、ゲーム性のポイントを解説しながら新機種をピーアール。「今後も楽しく、新鮮な海物語の世界観を提供し続けていきたい」と抱負を語った。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言