HOME > ニュース >  ホール  > 伯和ビクトリーズが「夢・感動推進事業」に協力

伯和ビクトリーズが「夢・感動推進事業」に協力

2017年10月24日


広島県のホール企業・伯和の公式野球チーム「伯和ビクトリーズ」のメンバーが9月26日、東広島市内の豊栄小学校を訪れ「夢・感動推進事業」に参加した。この推進事業は、東広島教育委員会が、夢や希望の実現に向けて努力することの尊さを子どもたちに学んでもらおうと、毎年実施している特別授業の一つで、伯和ビクトリーズのメンバーは、昨年に続いての協力となった。

特別授業では高学年児童約30名を前に「夢をあきらめない」というテーマでメンバーが講演。野球を通じて経験してきたこれまでの出来事や夢の実現に向けて努力することの大切さを語るなどした。また、授業終了後には運動場でピッチャーの投球や、野手のバッティングなど実技を披露。専門的なアドバイスを交えながら楽しい時間を過ごした。

授業を終えたビクトリーズのメンバーは「子どもたちの楽しみながらも必死な姿が目に焼き付いている。何か少しでも夢や希望を持つきっかけ、あきらめない心の大切さを学んでもらえたら嬉しい」と話している。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言