HOME > ニュース >  ホール  > プローバ恒例のフットサル大会に105チーム755名が参加

プローバ恒例のフットサル大会に105チーム755名が参加

2017年11月09日


広島県を中心にパチンコホールやゲームセンターなどのアミューズメント施設を展開するプローバグループは、11月3日と4日の2日間、広島市西区のミズノ フットサルプラザで「第23回プローバカップフットサル大会」を開催した。

大会は「誰もが気軽に楽しく参加出来る」をコンセプトに毎年開催しているもので、今回は105チーム、755名が参加。会場には、同社がスポンサーを務めるJ1「サンフレッチェ広島」の森島司選手、松本泰志選手をはじめ、マスコットキャラクターのサンチェくんが来場したほか、広島女子サッカーチームの「アンジュヴィオレ広島」やフットサルチーム「広島F・DO」など、地域のスポーツチームの選手も応援に駆けつけて大会を盛り上げた。

同社では、「地域振興の一環として続けてきたフットサルも今回で23回目となった。今後も地域の方々の活力につながる大会にしていきたい」としている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言