HOME > ニュース >  ホール  > ニラクが地元イベントに向けワークショップ

ニラクが地元イベントに向けワークショップ

2017年11月13日


福島県を中心に54店舗のホールを経営するニラクは、 11月17日に郡山市で開催される「ビッグツリーページェント・フェスタIN KORIYAMA」のイルミネーション点灯式に向け、「みんなで郡山に灯をともそう。楽しくなる木イルミネーション」というワークショップを行った。

郡山市の夜を彩るビッグツリーページェント・フェスタを盛り上げるために実施された今回のワークショップには、地域の障がい者施設の入居者や子どもたちをはじめ、プロバスケットの友利選手、猪狩選手(福島ファイヤーボンズ所属)、FSGカレッジリーグの学生、 ニラク従業員など約120名が参加。点灯用ライトのアクリル素材用紙に一人ひとりが「楽しくなるとき」をテーマに絵や文字を描いた。

ここで描かれたアクリル用紙は、11月17日から2月14日までの間、JR郡山西口駅前でLEDライトによって灯される。なお、今回のワークショップは、福島県内の12店舗でも行われている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言