HOME > ニュース >  ホール  > ニラクGCHD 東南アジアのアミューズメント運営企業を子会社化

ニラクGCHD 東南アジアのアミューズメント運営企業を子会社化

2017年11月27日


「ニラク・ジー・シー・ホールディングス」(NGCHD)が11月20日、カンボジア、ベトナムでアーケードゲーム、ボウリング、カラオケを中心とした日本式のエンターテイメント施設、6店舗を展開する「Dream Games Singapore Pte.Ltd」(シンガポール)の全株式を取得し、子会社化した。

NGCHDでは今回の子会社化について「当社が持つ日本におけるパチンコホールチェーン経営のノウハウと、 Dream Games社のアミューズメント事業のノウハウを融合させることで、 東南アジアでの同社の事業展開をより強化することができるとともに、 当社グループのアジアでの新たな事業の拡大と更なる企業価値の向上を目指した」などとしている。

NGCHDは、福島県などでパチンコホール55店舗を展開するニラクを子会社に持つ持ち株会社。2015年4月に、香港証券取引所メインボードに上場している。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言