HOME > ニュース > 展示発表会 > 藤商事、シリーズ3作目となるパチンコ地獄少女を発表

藤商事、シリーズ3作目となるパチンコ地獄少女を発表

2017年12月01日


藤商事は12月1日、人気コンテンツを採用したシリーズ3作目となるパチンコ機の新機種「CR地獄少女 宵伽」のプレス発表会を、都内の同社東京支店で開催した。

射幸性だけでなく、遊びやすさにもこだわったという新機種のスペックは、大当り確率1/297.891(高確率1/128.754)、確変突入率50.5%のV確ループタイプ。8個保留を採用し、電チュー大当り時の60%が16R確変となっている。

出玉は約504個or約882個or約2,016個で、非確変大当り時は、ヘソで100回、電チューでは70or100回の時短が付随する。演出面では、TVアニメ最新作と連動したリーチアクションに加え、パチンコ機のみとなる専用ストーリー演出も盛り込まれている。

新機種の開発コンセプトを解説した同社開発本部の松下智人本部長(=写真・左から2人目)は、「新規ファンや原作ファンの獲得を目指すために、コアな原作ファン100人位に試打してもらって意見を聞いた。今後も稼動貢献できる機械作りを進めていく」と語るなどした。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言