HOME > ニュース >  ホール  > グランド商事・アドバンスが環境保全活動にボランティア参加

グランド商事・アドバンスが環境保全活動にボランティア参加

2017年12月08日


香川県高松市のグランド商事・アドバンスは11月12日、同県まんのう町で開催された第22回「山・林・SUN体験」ボランティアに、従業員の有志5名で参加。集まった約100名のボランティアとともに5年前に植えた山桜の苗木周辺の草刈りを行うなどした。

同社は、京都議定書の第一約束期間が始まる2008年に先立ち、温室効果ガスの排出削減に少しでも貢献しようと、節電に加えて地元に還元できる活動を模索。同社が経営する「パーラーグランド宇多津店」近くで環境保全活動を展開するオイスカ四国支部の活動を知り、ここへのボランティア参加を始めた。

オイスカ四国支部では2010年から5カ年計画で2.5ヘクタールに7500本の山桜を植え、山林火災による消失や、松枯れした場所などに緑を呼び戻す「尾の瀬山・オイスカ憩いの森」を展開。計画終了後は「山・林・SUN体験」と題して、憩いの森を育てる活動に移行しており、グランド商事・アドバンスも引き続き環境保全活動と社会貢献活動の一環として、ボランティア参加している。

当日の草刈りは1時間程度で終了。これまでに植林され、そして手をかけられてきた山桜の成長を間近で確認した。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言