HOME > ニュース >  ホール  > ベガスベガスがベトナムでカジノ施設を開業

ベガスベガスがベトナムでカジノ施設を開業

2017年12月12日


北海道、東北、関東でパチンコホール「ベガスベガス」を中心にアミューズメント、カフェなど多彩な事業を展開する㈱ベガスベガスは12月11日、ベトナムでカジノ施設「HOLLYWOOD ONE GAMING CULB HA LONG BAY(ハリウッドワン ゲーミングクラブ ハロンベイ)」(https://hollywoodone.jp/)を12月16日に開業することを発表した。

立地は、世界自然遺産のハロン湾があるベトナム北部のリゾート地ハロン市。同市内にある全508室を有するホテル「ムオンタンラグジュアリークアンニンホテル」の1Fと2Fの2フロアに出店する。店内には、ルーレット、バカラ、スロットなどのゲームを揃えるという。

同社海外事業部では、「当社は、2014年にシンガポール支社を設立して以降、世界から日本を見た時に、『日本の接客力の強さ』を改めて感じ、世界中にニーズがあると考えた。また、人口減少問題でマーケットが縮小していく背景もあり、事業発展のために海外へ更なる展開をしていくことも必要であると感じ、今後経済的発展が見込まれるベトナムへの進出に至った」としている。

オープンに際し同社では、日本で培った接客術や運営などの経営力を全ての顧客に提供するため、現地スタッフ向けに接客研修会を実施。今後は、日本のおもてなしを世界へ提供していくために、このようなアミューズメント空間を世界各国で展開していく予定だという。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言