HOME > ニュース >  ホール  > ユニファイドサッカー大会でアサヒディードがボランティア活動

ユニファイドサッカー大会でアサヒディードがボランティア活動

2017年12月20日


大阪のホール企業・アサヒディードの社員4名が12月10日、堺市のサッカー・ナショナルトレーニングセンターで開催されたスペシャルオリンピックス日本「2017年第2回ユニファイドサッカー大会」にボランティアとして参加した。このサッカー大会は、障害の有無を越え、様々な経験を共有することにより、お互いの理解を深めることを目的としたスポーツイベントで、日本では昨年に続いて2回目の開催となる。

当日は、11人制のチームと7人制のチーム全20チームがサッカーの試合に参加し、健常者と障害者が同じチームになって試合を楽しんだ。ボランティア活動に参加したアサヒディードの社員は主に、受付けや「ヘルシーアスリート・プログラム」の誘導を手伝った。「ヘルシーアスリート・プログラム」は、アスリートやコーチが受講する眼の健康チェックや足の健康チェックの一つで、競技の合間に行われるたびにサポートした。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言