HOME > ニュース > 展示発表会 > パチンコのバジリスクがミドルSTで登場、コンチ最新作もリリース

パチンコのバジリスクがミドルSTで登場、コンチ最新作もリリース

2018年01月17日


ユニバーサルエンターテインメントは1月15日、都内の同社本社でパチンコ機「CRバジリスク〜甲賀忍法帖〜弦之介の章」(メーシー製)およびパチスロ機「コンチネンタルゼロ」(ユニバーサルブロス製)を記者発表した。

このうち、すでに同社パチスロ機で高い評価を得ている「バジリスク」採用のパチンコ機は、大当り確率1/319.6(高確率時1/62.6)のST機。ST突入率は80%継続100回で、非確変時は電サポ100回が付随する。右打ち時の50%で2160個獲得できる瞬発力が特徴だ。一方のパチスロ機は、同社伝統のタイトルを冠したノーマル機。完全告知機で、BB312枚、RB最大104枚が獲得できる。

開発本部マーケット戦略室の長谷川崇彦室長は、「2018年はPもSもフルで開発し、突破口となる機械を市場に送り込みたい」と述べ、1年を通じバジリスクのPR活動を行う方針も表明した。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言