HOME > ニュース > 展示発表会 > オーイズミの新台、気軽さと短時間勝負に見合った出玉感を両立

オーイズミの新台、気軽さと短時間勝負に見合った出玉感を両立

2018年01月30日


オーイズミは1月30日、都内上野の同社東京支店でパチスロ機の新機種「ドリームクルーン500」の機種説明会および内覧会を開催した。

スペックはボーナス+ART機。最大の特徴は、1980年代中盤頃、パチンコ市場で人気を博した普通機をモチーフに、実写で液晶描写される3穴クルーンのV入賞で大当り、という分かりやすさと、大当りを引けば最低でも500枚以上が得られる出玉感を両立した点だ。短い時間で気軽に遊びたいというプレイヤー需要に対応した仕様となっている。

ボーナスの獲得枚数は276枚、1R約100枚となる差枚数管理型ARTは、純増約2.0枚(ボーナス込み)で獲得枚数は224枚以上。ボーナスとARTを一体化させた演出で、大当りを引けば最低でも500枚以上、平均TY750枚超が得られるゲーム性が実現されている。

上乗せ機能も搭載され、大当り中のクルーンV入賞で、3〜10Rの上乗せが発生する。初当り時の最大ラウンド数は15Rで、1,500枚超が獲得できる瞬発力も有している。5号機最高クラスという高MYおよび高コイン単価も特徴の一つだ。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言