HOME > ニュース > 組合・団体 > 旧規則機の新台販売時に検定有効期間の明示を要望

旧規則機の新台販売時に検定有効期間の明示を要望

2018年05月30日

全日遊連は5月22日、日工組と日電協に対して、遊技機メーカーが旧規則機を新台として販売する際には、検定有効期間を明示した上で販売するよう、傘下の組合員メーカー各社に指導することを求める文書を送付した。

遊技機の検定有効期間は通常であれば検定公示日から3年間となっているが、2月1日の規則改正に伴う経過措置でそれ以降に検定が公示され、新台として販売される旧規則機の「検定有効期間の開始日」は、本年2月1日時点における型式試験申請及び検定申請の状況により異なっている。

検定有効期間は検定通知書の「検定の有効期間の欄」に記載されるが、全日遊連では、無用な混乱を避けるためにも、購入を希望するホールがあらかじめ検定有効期間を確認した上で商談に臨むことが肝要であるとし、メーカーが旧規則機を新台として販売する際にはこれを明示するよう、両団体傘下の組合員メーカー各社への指導を要請した。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言