HOME > ニュース > 展示発表会 > 藤商事のパチンコ新台、リングシリーズ初となる小当りRUSH搭載

藤商事のパチンコ新台、リングシリーズ初となる小当りRUSH搭載

2018年06月13日


藤商事は6月12日、都内の同社でパチンコ機の新機種「CRリング呪縛RUSH」のプレス発表会を開催した。

同社の人気タイトル最新作となる新機種最大の特徴は、シリーズで初めて小当りRUSHを搭載した仕様だ。同機の小当りRUSHは、初当りの4回に1回発動するチャンスが設けられており、その約40%の確率で16R確変大当りとループする設計になっている。

大当り確率は1/297(高確率1/93)、確変突入率は65%、電サポ回数は7or50回で、大当り出玉は約792個or約1,584個。専用筐体に装備されているバイブ、エアーといった体感系の役物アクション演出もみどころの一つだ。

発表会で挨拶した同社営業本部の中村俊幸副部長は、「貞子の恐怖がよりリアルに体感していただける新たな自信作」と新機種をピーアールした。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言