HOME > ニュース > 展示発表会 > パチンコ鬼浜最新作が、V確STの2スペックで登場

パチンコ鬼浜最新作が、V確STの2スペックで登場

2018年07月12日


ベルコは7月11日、鬼浜シリーズ最新作となるパチンコ機の新機種「CR鬼浜 疾風迅雷ver.」を発表、都内上野のショールームで内覧会を行った。

スペックは、大当り確率約1/235.7(高確率約1/94.7)の「同ver.235」と、大当り確率約1/152.4(高確率約1/74.3)の「同ver.152」の2種類をラインナップ。両機とも確変回数切りのV確ST機で、右打ち電チュー大当り時の確変突入率に比重が置かれた仕様となっている。

このうち「同ver.235」は、ヘソ大当り時のST突入率が20%ながら、電チュー大当り時のST突入率80%を実現。ST回数は150回で、継続率は約64%となっている。時短は100回で、出玉は、6R(約720個)or7R(約840個)or15R(1,800個)の3パターン。電チュー大当り時の振り分けは15R確変が66%で、7R確変が14%、残りは6R通常になる。

ホール導入予定は10月22日から。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言