HOME > ニュース > セミナー勉強会 > 全遊振が依存問題で対談、ギャンブル依存症を病気扱いする危険性を指摘

全遊振が依存問題で対談、ギャンブル依存症を病気扱いする危険性を指摘

2018年07月23日


全国遊技ビジネス振興会は7月19日、都内台東区のホテルパークサイドで第6期6回目となる例会セミナーを開催した。当日は、同会の三井慶満顧問と、認定NPO法人ワンデーポートの中村努施設長による対談が行われたほか、Re.design代表取締役の小野真二郎氏がパチンコ機の機種選定手法などをレクチャーした。

このうち、三井氏と中村氏の対談では、「ギャンブル依存症は病気ですという流行は、本人・家族・社会のためにならない」というテーマで進行。中村氏は、「今の社会では、ギャンブル依存症は病気という考えが広がっている。一部の当事者が話す悲惨な話ばかりが伝わり、それで国の方針が決まっていくのは怖いこと。病気ということが前提になると、相談しずらい環境になってしまうし、実際ギャンブル依存症は人によって様々な原因があり、それぞれに対処方法が異なるので、単にギャンブルを辞めさせればいいということではない」と、ステレオタイプな思考でギャンブル依存症が取り扱われていくことの問題点を指摘した。

三井氏は、「営業者として気をつけておかないと行けないのは、パチンコは毒にも薬にもなるということだ。確かに業界でも依存問題に対処しなければならない部分はある。しかし、今は毒の部分ばかりがクローズアップされ、社会的には、依存症の人が被害者でパチンコが加害者という構図があり、我々の声が届くことはない。TVのドキュメンタリーでも放映されていたように、様々な問題を抱えた人が気軽に滞在できる居場所になっているという、パチンコが持つ薬の部分を理解してもらう必要性があるのではないだろうか」と訴えた。

また、一般報道のスタンスについて中村氏は、「取材を受け、ギャンブル依存は病気ではないということを訴えていたら、どうも分かりづらく捉えられたようで、我々の考えが報じられることはなくなっていった。どうしてもパチンコにとって不利な話をしないと記事にはなりにくいと感じている。ただ、何年かすれば、パチンコを単に辞めさせれば済むという問題じゃないことに皆が気づいてくると思う」と述べ、たとえ家族申告などで強制的に辞めさせることはできても、結果的にその人の居場所を奪うことによって、また違った問題が引き起こされる危険性に言及した。

一方、第2部ではRe.designの小野氏が、今年下半期のパチンコ機種選定や品揃えについて講演した。小野氏は、現行機をスペックごとに分類し、それぞれの稼動寿命や粗利貢献データを指し示しながら、これからの機種選定のポイントを解説。特に、経過措置が満了するまでの間、入替えが不要となる高いT1Yを有する機種の固定島確保を推奨するなどした。さらに設定付きの新規則対応機については、「これから何年も向き合うことになるので、エリアのマーケットリーダーに長期的な視点でトライしてもらえれば」と呼びかけた



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言