HOME > ニュース >  ホール  > マルハンが「ギャンブル等依存問題勉強会」開催

マルハンが「ギャンブル等依存問題勉強会」開催

2018年09月04日


マルハン主催の「ギャンブル等依存問題勉強会」が8月28日、千葉県浦安市で行われ、同社の店舗・営業責任者など474名が出席した。

勉強会で講師を務めたのは認定NPO法人リカバリーサポート・ネットワークの西村直之代表理事。西村代表は「ギャンブル等依存症対策基本法」の背景をはじめ、「ギャンブル等」「ギャンブリング」といった用語解説や、本人やその周囲に対して悪影響を与えてしまう「Problem Gambling(問題あるギャンブリング)」、世界のゲーミング産業において統一した依存対策として進んでいる「ResponsibleGaming(責任あるゲーミング)」について解説するなかで、ギャンブル等依存問題に対する正しい知識を受講者へ呼びかけた。また、西村氏は、どの様な産業でも発展する過程で負の問題が発生する、としながら「問題に対して対策を行うことが事業者としての社会的責任。マルハンが地域社会との間で『共感・信頼』関係を築き、 世界レベルのエンターテイメント企業を目指すのであれば、依存問題に対する積極的な取り組みが必要」と、語るなどした。

「人生にヨロコビを」という経営理念を掲げているマルハンでは、来店客がパチンコ・パチスロに依存し、本人やその周囲に悪影響を与えることは憂慮すべきこと、との認識から、今後もギャンブル等依存問題への関心と理解を深めながら、ギャンブル等の未然防止に務めていきたいとしている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言