HOME > ニュース >  ホール  > ネクサスがフェンシング、アジア大会の結果報告

ネクサスがフェンシング、アジア大会の結果報告

2018年09月27日


群馬県のホール企業・ネクサスは9月19日、群馬県高崎市の本社で、「フェンシングアジア大会2018ジャカルタ」の結果報告会を行った。

8月13日から9月2日まで、インドネシアのジャカルタとバレンパンで開催されたアジア大会で日本のフェンシングは金メダル2個を含む複数のメダルを獲得。代表選手の見延和靖選手と青木千佳選手の2名はネクサスに所属している。報告会では、ネクサスの星野敏代表がアジア大会で活躍した選手団を讃えながら「2020年の東京オリンピックでは役員・選手が一丸となって、金メダルを獲得して日本中を元気にしてください」と激励。日本フェンシング協会の太田雄貴会長は「東京オリンピックに向けて、これからも皆様への感謝を忘れることなく、頑張っていきたい」と力強く意気込みを語った。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言