HOME > ニュース > 展示発表会 > コナミアミューズメント初のパチスロ6号機、「戦コレ」モチーフに純増約3.5枚のAT搭載

コナミアミューズメント初のパチスロ6号機、「戦コレ」モチーフに純増約3.5枚のAT搭載

2018年09月27日


コナミアミューズメントは9月26日、同社初となるパチスロ6号機の新機種「戦コレ![泰平女君]徳川家康」のプレス向け説明試打会を都内六本木のミッドタウン・イーストコナミホールで開催した。

発表された新機種は、純増約3.5枚のAT主体で出玉を獲得していく6号機。純増枚数を抑えることで、いわゆる準備中などの期間もメダルを減少させずに、ATを消化できるゲーム性が追求されている。

ATは、シナリオごとの演出展開で連チャン期待度が変化。1セット30ゲーム継続する仕様だ。さらに、ゲーム数やセット数の上乗せも盛り込まれており、AT発動時における出玉性能を引き上げている。

通常時は、春夏秋冬の四季と、レア小役当選などで変化する内部モードが組み合わさり、ゲームの進行に応じて期待度が移り変わっていく仕組み。ここでは、最大16周期が10種類のモードで表現され、内部的に滞在しているポイントごとに、出玉に対する期待度が異なるほか、季節に応じた出玉のメリハリも設けられている。

ホール導入予定は11月19日から。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言