HOME > ニュース > 展示発表会 > 北電子がパチスロ新台「ダンまち」で展示会、人気コスプレイヤーのえなこさんもゲストで登場

北電子がパチスロ新台「ダンまち」で展示会、人気コスプレイヤーのえなこさんもゲストで登場

2018年10月01日


北電子は9月27日、都内の秋葉原UDXで先日発表された新機種「パチスロダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の展示会を開催。世界的な人気コスプレイヤー「えなこ」さんが原作アニメのヒロイン「へスティア」の装いで登場し、抽選会や撮影会が実施されるなど、終日大勢の関係者らで賑わいをみせた。

リリースされた新機種は、人気TVアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」をモチーフとしたノーマル+RT機。原作ファンの間で「ダンまち」の略称をもって親しまれているこの作品は、原作シリーズが累計900万部を超え、2015年にTVアニメ化された。2019年には、劇場版の公開とTVアニメシリーズの第2期も予定されているコンテンツとなっている。

スペックは、ボーナスとRTが融合した仕様で、ゲーム性のポイントとなるRTは「ソロプレイ」とその上位モードとなる「マルチプレイ」の2種類。「ソロプレイ」30ゲーム継続し、消化後は継続抽選が行われ、上位モードへの昇格抽選も搭載されている。

一方、「マルチプレイ」は、「エピソード」「ダンジョン」「デスパレードゾーン」の3パターンで構成され、30ゲーム固定のエピソードモードと、平均60ゲーム継続する「ダンジョン」のループ率が平均70%という仕様。ループ抽選にもれても、「エピソード」復活のチャンスがある30ゲームの「デスパレードゾーン」が発動する。平均継続は約350ゲームだ。またRTストックの特化ゾーンも盛り込まれている。

ボーナスの獲得枚数は、青7が最大251枚、赤7が最大202枚、DJW(ディヴァイン・ジャッジ・ダブル)が平均224枚、DJ(ディヴァイン・ジャッジ)が平均128枚、FCが56枚。このうち、DJW、DJは枚数変動型のボーナスとなっている。

ホール導入予定は11月19日から。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言