HOME > ニュース >  ホール  > ダイナムが「パチンコアイデアGP」開催

ダイナムが「パチンコアイデアGP」開催

2018年10月11日


ダイナムは10月7日、都内荒川区の本社で「ダイナム杯パチンコGPの最終プレゼン」を行った。パチンコGPは学生を対象に、10年後のパチンコのアイデアを募る同社初のコンテストで、書類審査や企画プレゼンを勝ち抜いた、8組19名の学生がこの日の最終選考に参加した。

プレゼンでは、スマホを活用したバーチャル恋愛や、AIの機能を野球や麻雀に落とし込んだパチンコ機、インバウンドの一環として、訪日外国人を対象にした日本語を必要としないハネモノ機など、次世代に向けたさまざまなアイデアが発表された。このなかで、パチンコ機をレジャーランドに見立て、勝っても負けても楽しいと思わせる、新規ユーザー向けのパチンコ機「CR一人で遊園地」を提案した浅井系太さん(東京都市大学)が、見事最優秀賞に輝き、ダイナム・藤本達司社長から賞品30万円の目録を受け取った。審査員を務めた藤本社長は、長時間にわたってプレゼンに参加した学生たちを労いながら、提案された斬新なアイデアや工夫を今後のプライベート・ブランド機の開発に活かせれば、と述べた。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言