HOME > ニュース > メーカー > フィールズが七匠を子会社化

フィールズが七匠を子会社化

2018年10月11日

フィールズでは10月9日、持分法適用関連会社である遊技機メーカーの七匠(東京都渋谷区、照沼丈史社長)の株式を、同社の連結子会社であるクロスアルファが取得することを発表した。これにより、七匠株の所有比率が38.89%から、66.67%に上昇。フィールズの連結子会社となる。

同社では、「経営効率化諸施策の一環として、遊技機開発分野における機能の集約が当社グループのコスト削減に資すると判断した」と、連結子会社化した目的を示している。

七匠は2009年に設立され、2015年に初号機「パチスロベルセルク」をリリース、2016年にはパチンコ機市場にも参入。「CRアメイジングスパイダーマン」を発売している。

なお、七匠の2018年3月期の売上高は95億4,000万円、営業利益は2億円となっている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言