HOME > ニュース > 組合・団体 > 日電協と回胴遊商が全日遊連などにパチスロサミット中止を正式に連絡

日電協と回胴遊商が全日遊連などにパチスロサミット中止を正式に連絡

2018年10月15日

日電協と回胴遊商は10月15日、全日遊連などの各業界団体に対し、6号機の大規模試打会などを柱とした「パチスロサミット2018」および「6号機ウルトラ試打会」の正式な中止連絡を行った。

中止の要因については、「6号機の適合が当初予想より極めて低く、日電協及び日工組加盟メーカーに対するアンケートにおいても、6号機の展示可能な回胴式遊技機が予定よりはるかに少ないことが判明し、止む無く開催を中止せざるを得ない状況に至った」と説明している。

このイベントは、自主規制の緩和措置を反映したAT機をはじめ、新規則に対応したパチスロ機を多くの人に触れてもらうことで、今後のパチスロ市場活性化に一役買うことを目的として企画。今年11月16日と17日の2日間、都内新宿区の「ベルサール高田馬場」で開催される予定だった。

今後については、「延期して開催することは、現状では厳しい状況にあるが、引き続き皆様のご期待に沿えるよう鋭利努力する」としている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言