HOME > ニュース > 組合・団体 > 全遊振が東上野に事務所を新設、情報交換の場に

全遊振が東上野に事務所を新設、情報交換の場に

2018年11月02日


全国遊技ビジネス振興会は11月1日、台東区東上野に新設した事務所を報道陣らに公開した。

場所は、JR上野駅から陸橋で昭和通りを東上野方面に向けて横断。接続されているエスカレーターを降りて、道なりに60メートルほど歩くと左手に見えてくるビルの1階だ。エリアはいわゆるパチンコ村と呼ばれる地区の中心部という好ロケーションとなっている。

広さはおよそ18坪。部屋の奥から、4人ほどが業務を行える事務所となっており、その手前が会議室、そして入り口すぐのところに、10人以上が集えるミーティングルームが設けられている。また事務所内には、会員各社による最新の商材カタログなども準備されている。

同会の曽我部康二代表理事(=写真中央)は、「毎月開催されるセミナーや懇親会だけでなく、常日頃から多くの人とコミュニケーションがとれる場があればいいと考えていた。ここが新たな情報交換や情報発信の場になればいい」と語るなどした。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言