HOME > ニュース > 展示発表会 > 戦国BASARAモチーフのパチスロ新台、平均ART数は約262ゲーム以上

戦国BASARAモチーフのパチスロ新台、平均ART数は約262ゲーム以上

2018年11月20日


フィールズは11月16日、都内上野の東京支店でパチスロ機の新機種「戦国BASARA HEROES PARTY」(エンターライズ製)のプレス説明会を開催した。

人気アクションゲームをモチーフにした新機種は、ボーナスとARTが融合したスペック。ARTは純増約1.7枚(ボーナス込)で、ボーナスとARTの合成確率が、1/108.6(設定1)〜1/91.5(同6)という遊びやすい確率設計ながら、ART平均ゲーム数が約262(同1)〜約295ゲーム(同6)と、ARTを長く楽しめる仕様になっている点が特徴だ。

ARTは、初期ゲーム数40G+αのゲーム数上乗せ型と、その上位モードとなる1セット30ゲーム固定のセット数上乗せ型がループするゲーム性。ボーナスの獲得枚数は、青7揃いの「バサラボーナス」が154枚、「バサラエピソード」「バサラチャレンジ」がともに42枚となっている。

ホール導入予定は来年1月から。

©CAPCOM CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言