HOME > ニュース > 展示発表会 > サミーが6号機版のパチスロ蒼天発表、純増約6枚のATを搭載

サミーが6号機版のパチスロ蒼天発表、純増約6枚のATを搭載

2018年11月27日


サミーは11月21日、純増約6.0枚のATを搭載した同社製6号機の第2弾となる新機種「パチスロ蒼天の拳 朋友」の内覧会を都内上野のショールームで開催した。

同社とユニバーサルエンターテインメントの合弁企業であるジーグ社製の筐体を採用した新機種は、これまでの5.9号機では実現できなかった純増約6.0枚という高純増ATを搭載している点が最大の特徴だ。

AT「仕合の刻」は、負けない限り継続するというシリーズお馴染みのバトルボーナスで表現。基本約66%〜89%の継続率で連チャンするゲーム性だ。さらに、32ゲーム継続する引き戻しゾーンも搭載。約50%の引き戻し期待度を有している。また、セット数管理に加え、AT終了後の引き戻し期待度が約70%となる上位AT「天授の儀」も搭載されている。

引き戻し込のAT確率は、1/213.1(設定1)〜1/172.1(同6)。ホール導入予定は来年1月からとなっている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言