HOME > ニュース > 組合・団体 > 全商協がオレンジリボン運動の市民集会に参加

全商協がオレンジリボン運動の市民集会に参加

2018年11月30日


全商協は11月18日、都内中央区の「銀座ブロッサム中央会館ホール」で行われた第16回目となる「オレンジリボン運動」(主催・認定NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク)の市民集会に参加した。集会には約450人が集まり、全商協からは16人が参加した。

会では、子どもの虐待死を悼み命を讃えるための黙祷が捧げられたほか、ピアノとサックスによる鎮魂の演奏が流れるなか、虐待死した幼児、子どもたち43人が、いかに死に追いやられたかが読み上げられた。

さらに、「NPO法人埼玉子どもを虐待から守る会」の小宮純一理事による講演会も開催。子ども虐待の相談の急増、虐待死した子どもの事件に対し小宮理事は、「虐待から子どもを守るには児童相談所、自治体、警察、医者、そして家族などで問題を共有することが幻想であってはならない。他力本願はもってのほか」と厳しい口調で訴えた。

また閉会後には、参加者全員がサイリュームを手に会場から日比谷公会堂前までの2.8㎞を1時間かけ「魂の行進」を実施した。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言