HOME > ニュース > 組合・団体 > 神奈川県遊協が「横浜健康スタンプラリー」に景品475セットを寄贈

神奈川県遊協が「横浜健康スタンプラリー」に景品475セットを寄贈

2018年12月11日


神奈川県遊協と神奈川福祉事業協会は11月28日、横浜市が推進する「横浜健康スタンプラリー」事業に賛同し、ラリー完了者に提供する景品475セット、約220万円相当を寄贈した。

横浜市では、「健康長寿日本一」を目指して日常生活の中で楽しみながら健康づくりができる仕組みづくりを推進しており、スタンプラリーはこの取り組みの一環として行われている。継続のモチベーションを高めるためにラリー完了者には抽選で健康増進向けの景品を提供しているが、神奈川県遊協ではこの趣旨に賛同し、景品を寄贈することを決めた。

この支援に対して横浜市の林文子市長は、「毎年継続いただき光栄に思います。市民の皆様はずっと楽しみにしておられますので、是非、今後ともご継続をお願い致します」と謝辞を述べ、伊坂重憲理事長に感謝状を贈った。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言