HOME > ニュース > 新機種発表 > SANKYOのパチンコ新台は、最大継続率約80%のシンフォギアスペック

SANKYOのパチンコ新台は、最大継続率約80%のシンフォギアスペック

2019年01月10日


SANKYOはこのほど、人気シリーズ最新作となるパチンコ機の新機種「フィーバーアクエリオンW 最終決戦ver.」をリリースした。ホール導入予定は3月4日から。

新機種は、シリーズ初となる1種2種の混合タイプ。RUSHの連チャン性が人気を博したいわゆるシンフォギアスペックとなっている。また同機は、新規則対応ながら、最大RUSH継続率が約80%と、高い連チャン性能が引き続き継承されている。

大当り確率は、約1/199.8(高ベース時約1/7.44)で、時短は1回もしくは7回。RUSH突入率は約52%となっている。出玉は、最大1,400個または980個、700個、420個となる。





ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言