HOME > ニュース > 展示発表会 > 西陣、Keyブランドの美少女パチンコ新台を新筐体で発表

西陣、Keyブランドの美少女パチンコ新台を新筐体で発表

2019年02月05日


西陣は2月4日、都内の同社ショールームで、ゲームソフトメーカーのビジュアルアーツが展開するKeyブランドの美少女ゲーム「リライト」をモチーフとしたパチンコ機の新機種「P Rewrite」のメディアカンファレンスを開催した。

筐体上部に搭載されたトップパネルが特徴的な新枠「戦舞」を採用した新機種は、1種2種混合タイプの新規則機。2スペックが用意され、ともに6段階設定が盛り込まれている。

そのうち、大当り確率1/199.80(設定1)〜1/176.65(同6)の「同FB」は、RUSH突入率が約64%で、継続率は約83%。電サポは100回または5回、1回で、大当り実質ラウンドは9Rもしくは5Rとなっている。

ソフィア取締役で研究開発部の田中雅也部長は新枠について、「戦国武将の兜がイメージとなっている。遊技客の着席動機を高めることを第一に考え、躍動感と力強さにこだわった」と解説した。

また当日のカンファレンスでは、せんだみつおさんの長女でパチンコライターのせんだるかさん(=写真)がMCを担当。フォトセッションでは、父親譲りのギャグ「ナハナハ」のポーズで新機種をピーアールした。

ホール導入予定は4月8日から



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言