HOME > ニュース > 組合・団体 > 全日遊連が障がい者雇用促進講習会を開催

全日遊連が障がい者雇用促進講習会を開催

2019年02月22日


全日遊連は2月20日、都内新宿区の遊技会館で障がい者雇用促進講習会(東京)を開催した。業界団体が障害者を対象にした雇用促進の勉強会を開催するのは今回が初めてで、ホール関係者60名を含む90名以上がこの日の講習会に参加した。

開会に向けて阿部恭久理事長は「障害者の方たちは、ある意味でわれわれとは違った得意な分野を持っている人も多く、健常者以上に仕事ができる部分も多々あると考えている。現在パチンコ業界は依存問題等で叩かれているが、やはり業界はなくてはならい産業だと言っていただくためにも、障害者の方たちと広く仕事ができるという姿勢を見せていくことが重要だ。本日の講習会がその第一歩になれば」と挨拶。今回の取り組みを業界の障害者雇用促進に繋げるきっかけにしたいとの考えを述べた。

講習会の第一部では、中央障害者雇用情報センター障害者雇用支援ネットワークコーディネーターの荒井一雄氏と、埼玉県障害者雇用総合サポートセンター企業支援アドバイザーの村田洋司氏の2名が基調講演として登壇。障害者雇用率制度の概要や、障害者雇用の市場動向、障害者雇用の現状を説明したほか、企業が障害者雇用を進めるにあたって必要な知識や取り組むべき課題、留意点などを解説した。このなかで荒井氏は、受け入れ側である企業側には、職場環境の整備や制度面において細かい配慮が必要だと指摘しながら「障がい者も職場で働いて、社会貢献をしたいと思っている。受け入れ側の担当者がそれぞれの障害特性と作業環境を把握し、一人の社会人、企業人として扱って評価してやることが大事」と述べるなどした。 また、第二部では実際に障害者を雇用しているホール企業、および関連の特例子会社4社の代表者によるパネルディスカッションが行われた。ここではパネラーを務めたSAPハピネスの林善宏代表、ニラク・メリストの佐藤淳子取締役ゼネラルマネジャー、ビジネスパートナーズの田子雄治代表取締役、アスカの黒田亘総務部部長の4名が、これまでの経験に基づきながら障害者雇用の課題とポイントを語り合った。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言