HOME > ニュース > 展示発表会 > 歴代ハナハナシリーズが総出演、パイオニアが沖スロ新台をリリース

歴代ハナハナシリーズが総出演、パイオニアが沖スロ新台をリリース

2019年02月28日


パイオニアは2月27日、2001年にリリースされた初代「ハナハナ-30」から、2018年の「ツインドラゴンハナハナ-30」までの、歴代ハナハナシリーズのサウンドを全て収録したという30Φ仕様パチスロ機の新機種「プレミムハナハナ-30」の内覧会を、都内上野のショールームで開催した。

収録されている楽曲は全54曲。主に100ゲーム以内の連チャン時にランダムで歴代機種のボーナスサウンドが流れる仕組みだ。スペックは、ボーナスで出玉を増やすシンプルなノーマルタイプの5号機で、お馴染みのハイビスカスランプ点灯でボーナスが告知される。

告知パターンは、当選ゲームレバーON時が約85%、残りが次ゲームレバーON時となっている。ボーナスは、BBが345枚超の払出し、RBが135枚超の払出しで終了する。また同機は、検定有効期限が2021年の4月5日までとなっている点も特色の一つだ。

ホール導入予定は、4月21日からとなっている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言